2016年03月07日

昨日は放射能のお勉強してきました!

本間医師のお話会@草加

那須烏山市の七合診療所の医師「本間真二郎」先生の【原発・放射能問題について】というお話会に参加してきました。

自分なりに放射能問題は勉強してきましたが、参加してお話を聞いてだいぶスッキリしました。

簡単にまとめさせていただくと、外部被爆より内部被爆の害が大きい。
特に子ども、乳児<胎児のほうが影響が大きい。妊婦はもちろんのこと、これから子どもを産む女性も影響がが大きい。(卵子の数は決まっているため)

・Sv(シーベルト)の問題点
日常Svと言う単位を何気なく使っていましたが、Svはあくまで推計値であり非科学的な物である事。しかし、これがないと話ができないので、とりあえずみんな使っているが様々なトリックが可能である事。

・ICRPとECRRの内部被爆を計算する実効線量換算係数の違い。ECRRの方がICRPに比べより厳しい係数で計算している。

・ICRPとECRRの違い。
ICRPは国際放射線防護委員会の事だが、この組織は民間組織(NPO)であり、基準が甘すぎる事が批判されている。
現在の日本政府はICRPの基準で避難計画を決定している。

ECRRは欧州放射線リスク委員会という市民団体であり、欧州評議会及び欧州議会、国際連合、各国の政府等とは関係を持たない私的団体である。

どちらを信じるかは・・・あなた次第(笑)

・先天奇形では多指症が一番多い。

・チェルノブイリで5年後からガンなどが増えたのは4年間データがなかったため。今回の福島では初年度よりデータがあり、1年目から甲状腺がんが増えている事がわかった。
また福島県内でも線量の多いところでは甲状腺がんの発生率が違うこと。地域格差が認められる。

さらに、高線量地域である茨城県、宮城県、岩手県の自然死産率も優位に上昇している。その他の県の自然死産率は上昇していない。
周産期死亡も高線量地域では増加している。

ドイツのデータでは正常運転していた原発の周囲で小児ガンが増えている。

本間真二郎医師のブログ↓
http://ameblo.jp/rutorl/

福島県はもちろんの事、首都圏でも放射能汚染は深刻なレベルです。
みなさん、テレビで取り上げないから大丈夫だろうと思っているようですが、まだ終っていません。

オリンピックとか言っている場合じゃないと思っているのは僕だけでしょうか?

昨年のデータですが、草加市の様子です。

市民放射能測定データサイト「みんなのデータサイト」より
http://www.minnanods.net/soil/

柳島治水緑地スポーツ広場
埼玉県草加市柳島町 Cs-134(検出限界)152.00±30.00 Cs-137(検出限界)511.00±102.00 測定日(採取日)2015-09-11   Cs-134+Cs-137 663Bq/kg≒43kBq/m2≒0.152μSv/h≒1331μSv/y≒1.3mSv/y

そうか公園
埼玉県草加市柿木町 Cs-134(検出限界)186.00±37.00 Cs-137(検出限界)637.00±127.00 測定日(採取日)2015-09-25  Cs-134+Cs-137 823Bq/kg≒53kBq/m2≒0.189μSv/h≒1655μSv/y≒1.6mSv/y

長栄中央公園
埼玉県草加市長栄町 Cs-134(検出限界)107.00±21.00 Cs-137(検出限界)324.00±65.00 測定日(採取日)2015-09-11   Cs-134+Cs-137 431Bq/kg≒28kBq/m2≒0.099μSv/h≒867μSv/y≒0.8mSv/y

換算式を使い、Svに直してみると、草加市でも年間1mSvを越える場所があります。(柳島治水緑地スポーツ広場・そうか公園)

チェルノブイリ法でいえば、避難権利地域です。

〜〜〜チェルノブイリ事故での基準〜〜〜
定期的放射能管理ゾーン:セシウム137による土壌汚染密度が37〜185kBq/m2の地域.年間の被曝量は0.1レム(1ミリシーベルト)を越えない.

一般人の安全基準はあくまで年間1ミリシーベルト、0・19マイクロシーベルト/時です」(元放射線医学総合研究所主任研究官・崎山比早子氏)

「チェルノブイリ法」では、年間被ばく線量が0.5ミリシーベルト(土壌汚染が37kベクレル/m2)以上の地域で、医療政策を含む防護対策が行われる。
1ミリシーベルト以上であれば、避難の権利があり、5ミリシーベルト以上の地域は、移住の義務がある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕の目的は恐怖心をあおる事ではなく、現在もこのような状態で終わっていないんだよと言うのを知ってもらいたい為です。
日々、気をつけることで後々大きな違いが出てきます。

テレビ・新聞・政府発表を鵜呑みにしないで、自分で考えるクセを付けてください。

日本の公害の歴史を見ると、イタイイタイ病や薬害エイズ問題などだいたい30年くらいしないと政府は認めません。
その間に何かあっても完全無視です。

恐らく今回も2041年くらいになったら政府は認めるのかと思いますが、その頃恐らく僕は死んでいますね(笑)

こちらの本を参考にどうぞ↓
【政府は必ず嘘をつく】
http://ur0.work/suGI

自分の身体、家庭は自分で守らないといけません。

その為には正しい知識や、頼れる人のネットワーク作りなどが必要です。

ネットだけではなく顔の見える関係性を構築する事をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

一日も早く放射能問題を初めとした社会問題が解決するように行動して行こうと思います。

1406944614711.jpg
□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
日曜診療は平成28年1月末で終了しました。

自律神経失調症に悩んでいる方、是非草加市のごとう整骨院へ
ごとう整骨院独自の自律神経リラクゼーション療法にて
笑顔を取り戻しましょう♪

自律神経リラクゼーション療法協会のHP
http://art-association.com/

交通事故・自賠責保険の治療も

 【草加市】ごとう整骨院

〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1
TEL 048-942-0510

ごとう整骨院URL http://www.goto-hand.com/
ごとう整骨院Mail info@goto-hand.com

ごとう整骨院への詳しいアクセス
http://goto-hand.sblo.jp/article/47998983.html

ごとう整骨院の状況が分かるtwitter(ツイッター)はこちら
http://twitter.com/gotohand

ごとう整骨院のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gotoseikotsuin

ごとう整骨院のキャラクター「ほねボーヤ」のページはこちら
http://www.facebook.com/honeboya

いいねボタン押してくださ〜い(笑)

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
posted by ごとう整骨院 at 18:50| Comment(0) | 日記