2016年06月06日

無肥料無農薬の枝豆作っています♪

こんばんは、院長です。

去年から御縁を頂いて畑をお借りして家庭菜園をやっています。

シロウトなので失敗もありますが、そこも勉強だと思い楽しんでやっています♪

こどもたちには農薬のかかっていないものを食べさせたいので、お取り寄せしたり、自分で作っています。

自分で作物を作ると、いろいろわかります。

農薬は悪い物だ!と思っていますが、実際農家で出荷し生計を立てていた場合、虫や病気で作物が全滅したら収入はありません。

僕は農業で生計を立てているわけではないので、たとえ全滅しても「まあいいか〜」と思えますが、生計を立てていたら恐らく僕も農薬を使うと思います。

なので、無農薬で作物を栽培している農家さんは本当に凄いと思います。尊敬します。もっと社会的に評価されて良いと思います。

皆さんも近くに無農薬で栽培している方がいたら、購入して応援して下さいね♪

さて、話がずれましたが、農家の方で「農薬は良いものだ」と思って使っている人はいないと思います。

だって、農家の方が自殺する場合、農薬を飲みますからね。

シロウトよりも農薬の危険性は知っていると思います。

当然皆さんも「どうせ買うなら無農薬のほうが良い!」と思っていると思いますが、無農薬で綺麗な野菜を作るのは本当に大変です。僕がシロウトだからと言うのもありますが、無農薬の野菜は虫食いがあったり、曲がっていたり形の悪いものが多く、スーパーで並んでいるような綺麗な野菜はほとんど取れません。

去年作ったきゅうりは、おそらく50本収穫できましたが、曲がっていない綺麗なきゅうりは2本くらいでした(笑)

売るわけではないので、自宅で全て美味しく頂きましたが(笑)

きゅうりに関して言うと、曲がっているものはダンボールに詰めにくく、市場で敬遠されるようです。
そのため、農家の方は頑張って真直ぐなきゅうりを作るそうです。

でも、味は曲がっていても真直ぐでも変わらないと思うんだけど・・・

それより農薬かかっていない方が良いなと思います♪

というわけで、何が言いたいのかというと、生産者の方は消費者が望む物を作ろうとしているということです。消費者が「薬かかっていても真直ぐなきゅうりがいい」と買っていれば、農薬を使って真直ぐなきゅうりを作るでしょう。(きゅうりが曲がるのは農薬のせいではなく、水の問題ですがたとえ話として取り上げました)

「曲がっていても、農薬のかかっていないきゅうりが良い」と消費者の意識が変われば生産者の方も農薬を使わずに作るでしょう。(だれも売れないものは作らないですからね)

と言う訳で、「一人一人の意識を変えていかないといけないなぁ〜」と思う今日この頃です。

そんな農薬や遺伝子組み換えの問題を教えてくれる講演会が7/9(土)にあります♪

是非是非この機会に勉強しましょう〜(^O^)/

http://www.kokuchpro.com/event/kodomotakara001/

写真は家庭菜園で作っている無農薬の枝豆です♪
D1002144.jpg

もう少しで食べられそうなので楽しみです!

今年は枝豆を2種類、茶豆を1種類蒔いたので夏は枝豆祭りの予定です(^^♪

上手に収穫できたらごとう整骨院でも販売しようかなぁ〜などとニヤニヤしています(笑)

収穫が楽しみです(^^)v

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
日曜診療は平成28年1月末で終了しました。

自律神経失調症に悩んでいる方、是非草加市のごとう整骨院へ
ごとう整骨院独自の自律神経リラクゼーション療法にて
笑顔を取り戻しましょう♪

自律神経リラクゼーション療法協会のHP
http://art-association.com/

交通事故・自賠責保険の治療も

 【草加市】ごとう整骨院

〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1
TEL 048-942-0510

ごとう整骨院URL http://www.goto-hand.com/
ごとう整骨院Mail info@goto-hand.com

ごとう整骨院への詳しいアクセス
http://goto-hand.sblo.jp/article/47998983.html

ごとう整骨院の状況が分かるtwitter(ツイッター)はこちら
http://twitter.com/gotohand

ごとう整骨院のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gotoseikotsuin

ごとう整骨院のキャラクター「ほねボーヤ」のページはこちら
http://www.facebook.com/honeboya

いいねボタン押してくださ〜い(笑)

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
posted by ごとう整骨院 at 17:55| Comment(0) | 日記