2019年01月23日

恐ろしや〜

こんにちは、齋藤です。


1月も早い事で半ばを過ぎ、ついこの前お正月を迎えたと思いきやもうすぐ2月に入るということで時間の進む感じ方が年々早くなっています。

こんなことを言っていると年上の方に怒られてしまうかもしれないですけど。笑


今年に入って世間では、インフルエンザが急激に流行っています。

去年と比較しても今年はピークが早いとのことで注意が必要です。

今回は、インフルエンザについて簡単にお話しようと思います。

インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、ヒトに流行を起こすのはA型とB型です。
A型はヒト以外にもブタ、ウマなどの哺乳類やカモ、ニワトリなどの鳥類などに感染します。

一方、B型の流行が確認されているのはヒトだけです。

特にA型は、流行が激しく、症状も顕著に出ます。

今回は、流行の激しいA型について説明します。


インフルエンザA型
 
症状:38度以上の高熱、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感、頭痛

合併症:インフルエンザ脳症
小児にみられ特に1,2歳で発症しやすい。異常行動、痙攣、意識障害などが見られる。成人も発症する事もある。

予防:外出後の手洗い・うがい、湿度を一定に保つ、免疫力・体力をつける、混雑する場所はできるだけ避ける

予防策の話になりますが市販されている「◯枚セット」で売られているような安価なマスクは、空中に漂うウイルスを防御できないといわれています。

■ インフルエンザウイルスの大きさ → 約0.1マイクロメートル(μm)
■ 一般的な不織布マスクの繊維の隙間 → 約5マイクロメートル(μm)

「マイクロメートル(μm)」といわれても実感しにくいところですが、0.1μmは1万倍して1mmになる大きさと言われれば、その小ささがわかりますね。

マスクをして予防しようと思いがちですがマスクでインフルエンザを予防できるといったエビデンスは、出ていないのが現実です。

しかし、インフルエンザに罹ってしまった方は、周りの人たちに移さない為にもマスクを着用するのがエチケットなのではないでしょうか?

他には歯磨きも予防の効果あると言われています。

口腔内の細菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素を出すため、口腔を不潔に保っているとインフルエンザに感染しやすくなります。

また、歯周病による炎症もウイルス感染を促進させるので注意しましょう!

最後にもう一つの予防策として緑茶を飲むことでも予防に効果があります。

ここから少し難しい話になりますが緑茶には、インフルエンザウイルスに直接作用して感染を阻害する成分があります。

カテキンの一つである「エピガロカテキンガレート」はその代表です。

インフルエンザウイルスの表面には「スパイク」と呼ばれる突起状のタンパク質があり、これを利用して喉などの細胞に感染します。

「エピガロカテキンガレート」はこのスパイクに取り付き、ウイルスが細胞に吸着することや、感染した細胞内で新たに作られたウイルスが広がることを抑えます。

インフルエンザウイルスは大きく分けると、「ウイルスの付着」「細胞への侵入と増殖」「細胞から他の細胞への感染」の段階で感染が広がります。

うがいには細胞に付着したウイルスを直接ブロックする作用はありますが、体内の細胞に侵入されてからでは効果が弱くなる一面があります。

その点、飲用ではカテキンなどの有効成分が体内に直接吸収されるため、体の中から抵抗力を高めることが期待できます。

紅茶を例にすると、イギリスやインドではミルクを加えるのが主流ですが、お茶のポリフェノール成分がミルクに含まれるタンパク質と結合してウイルスの感染力を奪う能力を低下させます。

インフルエンザ対策として飲む場合は、牛乳や豆乳などのタンパク質を豊富に含む食材は加えないよう注意する必要があります。

お茶に入れるものとしておすすめなのは、レモン汁や身体を温める素材です。

レモン汁を入れるとお茶が酸性に近くなり、ウイルスの感染を阻害する効果が強まります。

また、ショウガやコショウなどの身体を温める素材を加えれば、身体の抵抗力を高めることにもつながります。


今回は、予防法をメインにお話しましたが少しでも参考にして頂き、インフルエンザはもちろんのこと病気に罹らない身体づくりを目指しましょう!!


では、また。

引用:https://www.fnn.jp/posts/00398722HDK FNN PRIME記事



□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
2018年10月で16年目を迎えました!
2018年11月にのべ来院数20万人達成♪
皆様のおかげです!ありがとうございます!

自律神経失調症に悩んでいる方、是非草加市のごとう整骨院へ
ごとう整骨院独自の自律神経リラクゼーション療法にて
笑顔を取り戻しましょう♪

自律神経リラクゼーション療法協会のHP
http://art-association.com/

交通事故・自賠責保険の治療も

 【草加市】ごとう整骨院

〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1
TEL 048-942-0510

ごとう整骨院URL http://www.goto-hand.com/
ごとう整骨院Mail info@goto-hand.com

ごとう整骨院への詳しいアクセス
http://goto-hand.sblo.jp/article/47998983.html

ごとう整骨院の状況が分かるtwitter(ツイッター)はこちら
http://twitter.com/gotohand

ごとう整骨院のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gotoseikotsuin

ごとう整骨院のキャラクター「ほねボーヤ」のページはこちら
http://www.facebook.com/honeboya

いいねボタン押してくださ〜い(笑)

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
posted by ごとう整骨院 at 17:22| Comment(0) | 日記