2018年08月01日

いざ、PERFECT BODY!!

こんにちは、齋藤です。


今年も早い事で8月を迎えてしまいました。

年々月日が経つのが早く感じますがこれも年をとったいうことなのでしょうか・・・笑

1日、1日を大切に過ごし悔いのないようにしたいものですね!


話は変わりますが最近の私の健康情報ですが相変わらず、至って健康でございます。

筋トレも少しづつ始め、ビタミンのサプリは飲み続けていてさらに最近はプロテインを再び飲んでいます。

プロテインはたんぱく質を摂るのに効率が良いものでたんぱく質というのは、身体を作る、治す源になるものなので積極的に摂りましょう!

たんぱく質は、肉、魚、卵に多く、動物性たんぱく質がおすすめです。

たんぱく質は不足しがちなので意識して摂った方がよいのですが食事で摂るには量をいっぱい摂らないといけないのでなかなか大変です。

ですのでプロテインといったもので補ってあげるのがいいのではないでしょうか?

特に運動をしている方に限ったことではなく、老若男女すべての方に当てはまることなので頑張って摂りましょう!!

また、たんぱく質を摂る時にビタミンCとビタミンBを一緒に摂ると吸収に良いとされています。

今のこの暑い日々を乗り切るためにも栄養面が大切です!

夏バテしないように食事管理を意識してまだまだ続く夏場を乗り切りましょう!!

では、また。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
日曜診療は2018年2月で終了致しました。

自律神経失調症に悩んでいる方、是非草加市のごとう整骨院へ
ごとう整骨院独自の自律神経リラクゼーション療法にて
笑顔を取り戻しましょう♪

自律神経リラクゼーション療法協会のHP
http://art-association.com/

交通事故・自賠責保険の治療も

 【草加市】ごとう整骨院

〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1
TEL 048-942-0510

ごとう整骨院URL http://www.goto-hand.com/
ごとう整骨院Mail info@goto-hand.com

ごとう整骨院への詳しいアクセス
http://goto-hand.sblo.jp/article/47998983.html

ごとう整骨院の状況が分かるtwitter(ツイッター)はこちら
http://twitter.com/gotohand

ごとう整骨院のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gotoseikotsuin

ごとう整骨院のキャラクター「ほねボーヤ」のページはこちら
http://www.facebook.com/honeboya

いいねボタン押してくださ〜い(笑)

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
posted by ごとう整骨院 at 15:40| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

【 熱中症に対する水分の取り方 】

今年は熊谷で41.1度を記録し、殺人的な暑さになっています。
熱中症で亡くなる方も多く注意が必要です。

そんな中、大切なのは

「水分の取り方」です。

経口補水療法という方法があります。

これは米国のCDCが発表したガイドラインに
書いてあります。

経口補水療法はOS-1などに代表される、塩分・糖分を含んだ水を飲む方法です。

本来であれば、汗をかくと体内の塩分が少なくなり、
脱水します。

そうなったら、塩分と水を補給すればOKですが、
糖分を入れることで小腸からの水の吸収が早くなります。

そのため、補水液には糖分が含まれています。

もちろん、軽症の場合や予防の為に飲む場合は糖分は
いりません。

小児の脱水症(下痢)に対する適切な治療の7原則として

1、経口補水療法を行なうこと

2、出来るだけ早く飲ませること(発病後3〜4時間以内)

3、補水により脱水症が落ち着いたら、通常の食事にすること

4、授乳中のこどもは母乳は継続すること

5、ミルクを飲ませている場合、そのままの濃さで飲ませること

6、下痢が続く場合、補水を続けること

7、不必要な検査、投薬は行なわないこと

また、日本救急医学会熱中症診療ガイドライン2015によると

「熱中症の予防治療には何を飲めば良いか?」に対して

0.1〜0.2%の食塩水を推奨。できればOS-1などを飲むこと。

飲水量は学童から高齢者が500〜1000ml、

幼児が300〜600ml、

乳児は体重1kg当り30〜50mlを飲むこと。とあります。

真水だけを大量に飲むことは希釈姓低ナトリウム血症を
起こす危険があるので注意して下さい。

スポーツ飲料は経口補水液と比べると、塩分が少なく糖分が多く吸収が遅いです。

また、大量摂取による過剰エネルギーの心配もあるので、
熱中症に対する第1選択の治療としては望ましくないと考えられます。
(ペットボトル症候群と言います)
http://nara.med.or.jp/kenkou_ikaga/kenkou_ikaga5911.html

ペットボトル症候群


経口補水液は自分でも作れます。

水1Lに対し、塩3g、砂糖20〜40gを混ぜればOKです。

塩はできるだけ天然の塩(ミネラルが多く含まれる塩)を使って下さい。

これを仕事前、練習前に飲むことで熱中症の予防になります。

ちゃんと水分を摂って暑い夏を元気に乗り切りましょうね!

https://www.jstage.jst.go.jp/artic…/seikisho/…/4/52_151/_pdf


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
日曜診療は2018年2月で終了致しました。

自律神経失調症に悩んでいる方、是非草加市のごとう整骨院へ
ごとう整骨院独自の自律神経リラクゼーション療法にて
笑顔を取り戻しましょう♪

自律神経リラクゼーション療法協会のHP
http://art-association.com/

交通事故・自賠責保険の治療も

 【草加市】ごとう整骨院

〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1
TEL 048-942-0510

ごとう整骨院URL http://www.goto-hand.com/
ごとう整骨院Mail info@goto-hand.com

ごとう整骨院への詳しいアクセス
http://goto-hand.sblo.jp/article/47998983.html

ごとう整骨院の状況が分かるtwitter(ツイッター)はこちら
http://twitter.com/gotohand

ごとう整骨院のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gotoseikotsuin

ごとう整骨院のキャラクター「ほねボーヤ」のページはこちら
http://www.facebook.com/honeboya

いいねボタン押してくださ〜い(笑)

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
posted by ごとう整骨院 at 19:47| Comment(0) | 日記

2018年07月28日

夏の戦い!

こんにちは。院長です。

しばらく暑さの為放置していた畑ですが、

久々に行ったらジャングルになっていました(笑)
IMG_1026.JPG

「ここ、本当に畑?」

と思っている貴方!れっきとした畑ですよ〜♪

というわけで、草刈スタート!

2.3時間かけてこのようになりました。

IMG_1029.JPG

「えっ?あまり変わってないじゃん!」

と思った貴方。

許してください。

これでも超頑張ったんです!(大汗)

左上は地這いきゅうり、左はブロッコリー、真ん中二列は枝豆、枝豆の中で赤いのがスイスチャード、右手は枝豆とオクラとレタスです。

言われて見れば分かるような、わからないような・・・

しかし、草に埋もれていたお陰で、虫の被害は少ないです。

もう少ししたら今期第二回目の枝豆の収穫が待っています♪

楽しみだなぁ〜!

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
日曜診療は2018年2月で終了致しました。

自律神経失調症に悩んでいる方、是非草加市のごとう整骨院へ
ごとう整骨院独自の自律神経リラクゼーション療法にて
笑顔を取り戻しましょう♪

自律神経リラクゼーション療法協会のHP
http://art-association.com/

交通事故・自賠責保険の治療も

 【草加市】ごとう整骨院

〒340-0043 埼玉県草加市草加4-5-1
TEL 048-942-0510

ごとう整骨院URL http://www.goto-hand.com/
ごとう整骨院Mail info@goto-hand.com

ごとう整骨院への詳しいアクセス
http://goto-hand.sblo.jp/article/47998983.html

ごとう整骨院の状況が分かるtwitter(ツイッター)はこちら
http://twitter.com/gotohand

ごとう整骨院のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gotoseikotsuin

ごとう整骨院のキャラクター「ほねボーヤ」のページはこちら
http://www.facebook.com/honeboya

いいねボタン押してくださ〜い(笑)

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
posted by ごとう整骨院 at 09:00| Comment(0) | 日記